エブリイ DA17V 荷室 上段 棚





前回エブリイ DA17Vの荷室にレール
を引きました。

取付方はこちら!
強度はガッチリ取り付けたのでゆする
と車が揺れるほどです。
取付けたレールを利用してフロント側
のオーバーヘッドコンソールのように
荷室の上段にも収納を作っていきます。
まず準備するものですが。画像に黄色い
棚が見えますが、前回 棚を作ったとき
にコンパネを使いました。
その時に余ったコンパネを使います。
中段 棚の作り方はこちらへ!

余った端材とはいえ、バンの床は
デコボコなので床にひくとサイズも
ほどよく使っていたのですが
今回はこの端材を加工して使います。
サイズは1300㎜×300㎜です。
代わりは何かよさげなマットを
そのうち購入しようかと思います。
その他用意する物は


リンクのイレクタージョイントを4個
使います。
今回使用するイレクタージョイントは
はめ込み式なので必要ないときは
上に引き上げれば取外し可能です。
それでは作業に入ります。

まずパイプ間の寸法を測ります。
左右のパイプ 中心から中心まで
で1060㎜あります。
端材を1060㎜に切り出します。

縦は300㎜以上欲しいのですが
今回は端材を利用するので
300㎜にしていきます。
電動工具が借りられなかったので
切れないノコギリで時間をかけて
切り出します。

丸ノコがあれば便利ですね!
次にイレクタージョイントを
パイプに取付切り出した

板を仮でおきます。
位置が決まったらマジック
などでケガキます。


自分はだいたいマッキーを愛用しています。
インクが長持ちするようなきがします。
細いと何かと便利です。
次に木ネジを準備します。

コンパネとジョイントの厚さを考慮
して15㎜のネジを用意しました。
ちなみにコンパネの厚さが15㎜で
ジョイントが2㎜くらいです。
ギリギリネジが突き抜けるか心配
でしたが、結果からいうと
突き抜けませんでした。

木ネジのセットをもっておくと
便利です。
あとはジョイントをケガキの位置に
合わせてネジで止める高です。




後は画像のようにネジを止めるだけ
です。今回はネジが4ヶ所だけ
なのでドライバーでしめましたが
出来れば電動の方が楽です。

あとは取り付けて完了です。

分かりやすいように荷物を少し
のせてみました。
棚は完成しましたが、棚に
乗せた荷が棚からはみ出さない
ように工夫が必要です。
部品の説明をしましたが
はめ込むタイプの脱着可能な
ジョイントなので使わない時は
取り外す事が出来ます。
寝袋やマットのようにはさみこむ
ような用途なら活用できそうです。
重い物を棚に置く場合は板なので
張りが必要になりますが、
今回は軽い物しか乗せる予定がないので
張りは入れません。
重い物を乗せる方は張りを入れた方
が良いかと思います。
それでは!