エブリイDA17V ミッション(MT) オイル交換




DA17V トランスミッションオイル 交換 4WD

2022年初投稿です。
今回はトランスミッションオイル交換です。
エブリイDA17V 4WD MTです。
を購入して2年と4か月くらい経ちますが
走行距離が4万Km以上走行しています
毎日通勤で使っているので、少しの変化
が気になります。
ここ最近寒くなったせいもあるかもしれません
がギアの入りが悪くなった気がします。
特に信号などで停止後走り出すとき
1速に入りにくいです。
いろりろと調べるとトランスミッション
のオイル交換でギアの入りにくさ
は解消できそうです。
それではトランスミッションオイルの
交換をしていきます。
まず始めに交換するオイルの選定から
していきます。
オイルの選定も情報が少ないので
調べるのに大変でした。
今回交換する車体は5MTです。
DA17Vのラインナップに5SG
というオートマチックとMTの間の
ような変速機がありこの
トランスミッションもATFではなく
ミッションオイルを使用するようです。
調べていると5SGと5MTのオイルは
種類が違うようです。
5SGのオイルは缶のラベル表示だと
シングルグレード表示になっています。


上の画像のように75Wしか
表示がありません。
上の画像のものは5SG専用の
オイルらしいです。
続いて今回選定したオイルは


純正の5MT専用オイルです。
4WDの場合はフロントのデフと
オイルを共有しています。
今回使う工具は



昔ながらの灯油を入れるポンプです。
次にオイルの出口と入り口を止めている
フィラーボルトを緩める工具です。
専用のソケットアダプターがあります


ドレンプラグソケットなるものがあります。
車種によってサイズが異なるので注意です。
DA17Vの場合は9.5sqです。
が今回はお金をかけたくないので
9.5sqのラチェットハンドルをそのまま
使います。(9.5SQ=9.5㎜)
参考までに・・・
オイルの出入口をふさいでいる
ボルトはかなり固いので柄の長い
ハンドルの方は力が入ります。
今回は腕力でいきました。


オイル交換作業に入る前に車の下に
体を入れないといけないので
ジャッキアップして体を入れられる
ようにします。リジットジャッキが
あれば効率が良いのですが
持っていないので、前回
オイルフィルター交換で実践した
ようにジャッキアップしてタイヤの
下にブロックをいれて車の下に
体を入れるスペースを作ります。

オイルフィルター交換記事はこちら!
安全作業でお願いします。
資金に余裕があればリジットジャッキ
がお勧めです。


今回取り外すドレンボルトを
確認します。

画像にあるように赤いまるがオイルを
入れる側です。続いて青いまるが
オイル排出側です。
早くオイルを抜きたいところですが
オイルを抜いた後にオイルが入れられない
と困るので始めにオイルを入れる側の
ボルトを緩めます。

かなり固いですが緩めます。
オイル入口側を緩めたらボルトを
外します。
つぎにオイル排出側にオイル受け
を準備してオイル排出側のボルト
を外します。

オイル排出口が横に付いているので
ボルトを外した直後はオイルの出る
勢いが激しいのでオイル受けを置く
場所を考えないと大変なことになります
今回自分は腕にオイルを浴びてしまい
上着がオイルまみれになってしまいました

オイルが固いので排出までに
時間がかかります。
その間排出側のフィラーボルト
を確認します。
排出側のフィラーボルトには
マグネットが付いているので
鉄粉がギッシリ付いています

鉄粉を拭きとります。

きれいなウエスでふき取れば
きれいにふき取れます。
逆の手順で排出側の
フィラーボルト取付ます。
テーパー状になっているので
締め付ける力に注意が必要です。
トルクレンチがあれば便利ですが
今回は自分の感覚で締め付けました。
ちなみに締め付けるトルクは
23Nのようです。
つぎに先ほどの灯油ポンプを
ギアオイルが給油しやすいように加工します。

オイルの缶が小さいので缶の大きさ
に合わせてポンプの吸入側を切ります。
画像に写っているようなハサミを
一つもっておくと便利です。


布やらプラスチックなど切りにくい
ものが簡単に切れます。
オイルを給油していきます。
オイル給油は画像のような感じ
で入れます。

画像のようにポンプを差して
ポンプをあおります。
作業した環境は冬で外気は8℃くらい
でした。オイルは固めですが
ぐいぐいオイルははいっていきました。

給油口からオイルがしたってきたら
給油完了サインです。
オイル規定量が2.8Lなので今回
用意した3Lのオイルをすべて使い
きりました。あとは給油側に
ボルトを入れ締め付けます。
こちらも締め付け注意です。
※間違えないとはおもいますが
オイル排出側にはマグネット付きの
ボルトでフタをして給油側は
マグネットなしのボルトでフタ
をします。
交換後はギアの入りが良くなりました。
1速が入りやすくなったので信号待ちのときも
ニュートラルで待つことができます。
エンジンオイル同様ギアオイルも
定期交換が必要ですね。
なにかの参考になればうれしいです。
作業は安全作業でお願いします。
続いて今年も張りきって配信して
いくのでよろしくお願いします。
それでは!