エブリイ DA17V バッテリー整備





最近は冬という事もありとても寒くなって
きました。当然ですけど・・・
自分の住んでいる地域は東海ですが
山の近くなので標高が高く寒い朝は
マイナス5度のときもあります。
以前バッテリーあがりで辛い目にあって
いるので電圧計を付けてあります。
最近走行中電圧計表示が12V前半台が
表示される事が多くなりました。
下の画像は12V後半ですがこちらは
夜なのでヘッドランプは付けた状態です
通常は電源が必要なのでオルタネーター
が発電します。だいたい13.5Vくらいです。

普段の生活で朝5時くらいから通勤し夜
19時くらいに帰宅するのでほぼ車を
動かすときはヘッドランプを付けています。
なのでバッテリーには日々負荷を加えて
いる状態です。しかし車を新車で
購入して2年まだバッテリー交換は早いと
個人的には思うので取説に従い今回は
バッテリーの整備をしていこうかと
思います。
整備と言ってもバッテリー液を入れる
だけですけど・・・
しかし自分と同じエブリイDA17V
のオーナーの方は分かると思いますが
バッテリーは荷室に付いています。
貨物車なのに荷室の下にバッテリーが
設置してあるのは非常に面倒です
バッテリー交換や液の補充たびに
荷室をカラにしないとバッテリーを
整備しないといけないです。
メンドーですね・・・
それでは作業に入ります。
荷室にバッテリーがあるので荷室をカラ
にします。

じぶんの場合は棚も設置してあったので
棚も取外します。
そこから純正のシートをはがします!
中央左側にバッテリーの収納場所が確認できます。

2個のつまみを外しカバーを取り外すと
バッテリーにアクセスできます。
エブリイDA17Vはバッテリーを取り外さないと
バッテリー液の量を確認する事が出来ません・・・
なので、バッテリーを取外します。

バッテリーを固定しているブラケットを
取外します。
画像のようにディープソケットがあると
便利です。サイズは8㎜です!
それにしてもバッテリーの位置が微妙です。
メーカーにはユーザーの手間も考えて
もらいたいものです・・・
バッテリーをとりはずしてしまうと
車がいろいろとリセットされてしまい
面倒なことになりそうなので
今回車のメモリーバックアップを使います
今回使うバックアップするものはこちら



こちらです。
別で単三電池8本必要です。
相変わらずお金がないので電池は
100均でマンガン電池8本購入しました
8本で110円魅力的です。
作業に入ります。
バッテリーにつなぐ前に電圧の確認をします。

12.9Vでています。メモリをバックアップ
するだけなので十分です。

画像のようにバックアップ電源をつなぎます。
当然ですが赤がプラスで黒がマイナスなので
上に画像のようにつなぎます次に
バッテリーターミナルを取外します。

メガネのラチェットがあると便利です
サイズは10㎜です。
(マイナス側も同じ10㎜です)
画像のラチェットは首もふれるので
便利です。


プラス側をボディーに触れると危ないので
気を付けてください。
バッテリーを取り外す専用のスパナも
あるようです。あれば安心ですね!


(戻すときは締めすぎ注意です
ターミナルを壊すと交換が大変)
車からバッテリーを出すときも大変でした。
重さはたいしたことないのですが
持ちにくいし力が入れずらいしで
以外と大変な作業でした。
バッテリーキャリアと呼ばれる工具
がありますが持っていると便利です。


画像だと確認しずらいのですが液面はまったく減っていません(-.-;)
こんなはずでは・・・
バッテリー液の量が減り、液を補充して
電圧が回復し良かったで記事を締めくくる
はずでしたが、想定外です。とりあえず
バッテリーを外してしまったのでバッテリー液
の補充にしかただけでも説明します。

右の画像の赤い□の中に6個の給水口があるのでそれぞれ
に入れていきます右の画像は1個の給水口を外したとこと
です。今回はバッテリー液が減っていなかったので
液の給水口を1個しか外しませんでした
かなり固くしまっていましたが手で外れました
6個外すとなると手が痛くなるのでプライヤー
などを使うと力を入れずに緩められます。
締めるときは気を付けないと壊す危険が
あるので注意です!
バッテリー液の補充説明はここまでです
今回バッテリー液補充しなかったので・・・
とりあえずバッテリーを車に戻し
電圧が低くなった原因を調べます。
基本に戻りエンジン始動前とエンジン始動中
をテスターで当たり電圧を測定しました!

エンジン始動前の電圧は12.91V
エンジン始動時(始動直後)14.28V

テスターの数値を確認して原因が判明しました。
バッテリーと車のオルタネーターは正常です・・・

電圧が出ていない原因は・・・
というか電圧は正常にでています。
電圧計の表示がおかしいだけでした・・・
おかしいのは今車に取り付けてある
電圧計です。
もともとは外気温の計測が目的だった
温度計に付いている電圧計を確認していました
この電圧計は電圧が低かったり高かったり
するとアラーム音が出るしろもので
すっかり信用していました。
というか最近まで正常に動作していました。
冷静に考えると、電圧計の表示通りに電圧が
落ちているとすれば、ヘッドランプが
暗くなったりと他の症状も確認できるはずです
思い込みはこわいですね!すっかり無駄な
作業になりました。とりあえず電圧計の元
電圧を測定しましたがこちらも異常ありません。
どんなトラブルも調べ方を間違えると
余計な手間がかかってしまします。
中にはかたっぱしから調べないとわからない
トラブルもあります。
自分の経験の中だとメインハーネスの漏電です
交換は大変だったのでディーラーにお願い
した事がありました。
検電テスターを差して遊んでいたらリーク
しまくりでどうにもならなくなりました。
バッテリーやオルタネータに異常がなかった事
が確認できたので良かったという事にしておきます
それでは!