DA17V オイル交換2回目

DA17Vオイル交換2回目





今回オイル交換の記事は2回目です。
前回はオイルチェンジャーを使いドレン
ボルトを外さずに交換しましたが
今回は取説のようにドレンボルトを
外してオイル交換をします。
それではまずドレンボルトの位置から
確認です。

画像は給油口ですが給油口の下をのぞくと

ドレンボルトが見えます。給油口の部分だけ
アンダーカバーがよけています。作業が
しやすいですね!最近の車はドレンボルト
の部分もアンダーカバーがしてあって
オイル交換のたびにとりはずさなくては
いけないので、ジャッキアップが
必要ですがDA17Vはジャッキアップ
しなくてもオイル交換作業ができます。
それではドレンボルトを外します

画像のようにラチェットを使います。
新車で購入して5回目のオイル交換ですが
以前のオイル交換記事のように
オイルチェンジャーを使っていたので
ドレンボルトが固くなっていてなかなか
外れないので今回はラチェットに手を
添えてハンマーで叩いてゆるめました。
ゆるんだドレンボルトを外します。
画像が撮れなかったのですがしっかり
ラチェットを手で押さえないとボルトを
壊してしまいます。ボルトがなめると
いわれるやつです。あとハンマー
も少し大きめのものを使うと固いボルト
がはずれやすいです。コツは一撃で・・・
エンジンを少しかけておいたので少し熱いです
エンジンを温めておかないとオイルの抜けが
悪いような気がします。

ドレンボルトを完全に外します。しっかり
ボルトをにぎっていないとドレンボルトが
抜いたオイルの中に入ってしまします。
オイルが抜けるようにエンジンを温めて
いたのでオイルが手にかかると熱いです
画像はオイルの抜け具合をみえるように
オイル受けを使っていますが市販のオイル
パックを置くスペースは十分あります。
オイル受けを使えばオイルの汚れ具合が
確認しやすいですけどね!

オイルがちょろちょろになったらドレンボルト
手でしめてそのあとラチェットで45度くらい
しめればOKです。締めすぎるとネジやオイルパン
のネジ山をこわしてしまう可能性があるので・・・
取説だと35Nと記載があります。トルクレンチ
持っている方は取説通りにしめた方が良いかと
思います。
ここまできたらあとはオイルを入れるだけです。
入れる手順は前回の記事を参考にして下さい
こちらまで!
普段はエンジンルームを開ける機会がなかなか
ないので、自分でオイル交換をすると
大事になる前に小さな故障を見つける
場合もあります。興味のある方はぜひ
挑戦してみてください。
今回はドレンボルトのワッシャーも
そのまま使いましたが本来は
新品に変えるのが基本です。
興味のある方は安全作業自己責任で
お願いします。