GB250 修理





今回はバイクです。じつはバイクを持っています。
ホンダGB250です。250ccで30馬力あります。
昔のバイクなので規制やらなんやら緩い時代だった
のかスペック敵には素晴らしいです。がしかし
8年くらい前に2速からギアが上がらなくなってしまい
修理している途中でした。
ギア自体の故障は修理できたのですが・・・
バイクの場合はギアとエンジンが一体なので
エンジンからギアボックスまでバラバラです。
しかも古いバイクなので部品が絶版になっている
場合がありギアボックスのガスケットとかは
自作です。その他いろいろと買い足す部品が
ある為、小遣いの中からいろいろと部品を
買わなくてはいけない為、作業が長期にわたり
中断になったりと、解体した時の記憶が
断片的にしかのこっていないので
組み立てることができるのか不安です
今回は久々に作業を進めます。
エンジンを組み立てる作業はかなり
集中力を使い油で手がベタベタになるので
画像を撮るのもおっくうになってしまします。
しかもこの話題を記事にしてしまうと
もしこのバイクが完成しなかったら恥ずかしい
です・・・・ギア部分は前に組み立てたので
今回はクラッチ周りです・・・

カムチェーンのひっかかり具合を確認して
クラッチとオイルポンプギアを組み込んで
行きます。

次にシリンダヘッド周りです。

ドリブンギアとカムチェーンのテンション
ガイドの取付がなかなかの作業でした。
知恵の輪をやっているようです。
ロッカーアーム周りは、解体した時
の記憶が少し残っていたので難なく
組み込めました。
一気にカムシャフトも取付ようかと思った
のですが問題が発生しました。
なんと!ばらしたときにねじをどこかに
置き忘れてありません。
エンジン内部の部品なので代替え部品を
使うのもいやなのでとりあえず作業は中断
します。探してなっかったらウェビックで
購入となります。
必要な部品をまとめて買わないと輸送代
が高くつくので発注はもう少し必要な部品
を調べてからとします。
なのでまたしばらく作業が止まりそうです。
進展がありましたらまた記事にします。
完成するのか作業がすすむのかわかりませんが
進展がありましたらまた記事にします。
それでは!