エブリイ DA17V ドライブレコーダー 取付 (交換) 




ドライブレコーダー 取付 (交換)

以前DA17Vのドライヴレコーダー取付の記事を
書きました。そのときに取り付けたドライブレコーダー
は正面だけ撮影するタイプでしたが今回は
運転席側も撮影できるタイプを頂いたので交換
していきます。
ドライブレコーダー取付の記事はこちら
今回頂いたドライブレコーダー
はN2Pro1440Pです。画像はこちら




ガッツリとフロントウインドウに両面テープで
貼り付けてあります。とりあえず台座から
ドライブレコーダーを外します。

上の画像のようにドライブレコーダー本体を
矢印の方向に引き抜きます。
引き抜いたあと〇が付いている部分が電源
の線なので抜いておきます。
次は台座を取外します。
フロントウインドウにガッツリと両面テープ
で取り付けてある台座を取り外す方法は
調べると専用のはがす道具やシールをはがす
薬品などがありますがヘラではがしていきます。

画像のようにヘラを台座の隙間に差し込んでいきます
少しづつ両面テープを押し込みガラスから
はがすように焦らず少しづつはがします。
気が遠くなる作業ですがきれいにノリを
はがせば、ノリをふき取る面倒な作業を
事が出来ます。

内張りはがしのヘラセットがあると車いじり
する方は便利かもしれません。
自分もヘラのセットを持っています。

手ではしながら焦らず少しづつはがします

2/3くらいはがれた所で画像のように手で
引っ張ると剥がれますが、両面テープの
ノリが少しガラスに残りますが
取り外した台座についたテープで
ペタペタと取り損ねたノリに押し付けると
きれいに取れます。そのあとは
水に濡らしたキッチンペーパーでふき取り
台座取外し作業は完了です。
この作業を行った時期は夏で暑い時期の為
両面テープのノリが伸びてはがれましたが
寒い冬だと台座をはがす専用の工具や
ドライヤーなどで熱を加えてはがさないと
今回のようにうまくはがれないかもしれません。
続けて電源の配線を取っていきます。





電源をグローブボックス近くのヒューズボックス
から取っているのでグローブボックスを取外します
グローブボックスの取外し方はこちらの記事
を参考にして下さい。
次にピラーの内張をはがします。

アシストグリップを取付ている上下のネジを
取り外すわけですが、ネジを隠してあるフタ
をヘラで取外しますが、樹脂部品の為
マイナスドライバーなどの固いもので
こじ開けるとキズが付いてしまうのでヘラ
がおすすめです。
次に上下で固定してあるネジを取外します。

画像を見るとプラスネジになっているので

ドライバーでネジを緩めたいところですが
10㎜の六角ボルトになっていいるので
ソケットで緩めます。
(アシストグリップの取付は上下2ヶ所付いています)

ピラーのインナーが外れます。
いままで取り付けていた
ドライブレコーダーの電源線を取外します
電源の配線を引きはがしていくだけなので
画像はとりませんでした。
次にあらたに取付けるドライブレコーダー
の配線を引き込みます。

画像左側のように黄色い配線を通す工具を
ピラー側から入れグローブボックスの部位
に出します。配線を通す工具に新しい
ドライブレコーダーの配線をビニールテープ
で取付ピラー側に引き抜きます。

画像はピラー側に引き込みます。
引き込んだらビニールテープは外します。


後はフロントガラスの上を通します

赤い線は配線を通した部位です。
次にドライブレコーダーの台座を
取付けます。
配線の長さを決めるので、次に
ドライブレコーダーの台座を取付ます。

今回の台座はキューバンタイプなので簡単
に取付る事が出来ます。
キューバンタイプは車内の温度が高いと
はがれやすいですよね・・・
気が向いたら取付を両面テープに変更します。
ドライブレコーダーの取付位置が決まったので
配線の長さを決める事が出来ます。
先ほどのピラーから配線を引き込み台座の部分
まで配線をはわせます。

ヘラなどを使いフロントガラスの上の内装
に配線を埋め込むと配線がきれいに内張ない
に収める事が出来ます。
取り外したピラーの内装を戻していきます。

画像だとわかりにくいですがピラーの内張
を戻したときにクリップやネジに配線を
挟み込まないようにもともとはわせて
配線に気を使いながら外した時と逆の
手順で戻していきます。
※配線をはさまないように注意!
続いてグローブボックス下の配線処理です。

配線を取りまとめる作業は正直なとこ
センスがと思います。
この時に一度ドライブレコーダーに
電源線を差しエンジンをかけて
ドライブレコーダーの動作確認をします。
自分には配線をまとめるセンスがありません・・・
とりあえずETCと温度センサーの配線
が一緒にまとめてあったので一度
ばらして配線の系統がわかるようにします

配線をまとめるセンスがない例かもしれません
が自分なりにわかりやすくまとめました。
逆の手順でグローブボックスを戻していきます。
取付けた台座にドライブレコーダーを取り付けます。

このときに電源線を取り付けます。
配線が長すぎたらヘラで内装ないに押し込み
長さを修正します。あとは映り具合を
このみに調整すれば取付完了です。
最近は煽り運転やらなんやらでめんどくさい
世の中です。もらい事故もあるかもしれません
そなえがあれば面倒な事も
ドライブレコーダーがあれば動画で
記録を残す事が出来ます。
興味のある方はぜひドライブレコーダーの
取付に挑戦してみて下さい。
作業は安全作業自己責任でお願いします。
それでは!