DA17Vタイヤ交換




DA17Vタイヤ交換

もう12月に入りました今住んでいる
地域は冬本番になると雪が降ります
その為タイヤをスタットレスに
滑って事故を起こしてしまいます
それではタイヤ交換行きます!
今回使う工具

ざっと簡単に説明します細かくは
作業進行時に説明します
・当然ながら交換するタイヤ
・ガレージジャッキ(実家を整理
していたらたまたまみつけました)
・コンプレサーとエアインパクト
敷居の高い工具にみえますが
じつは二つ合わせて1万円しません
車を複数タイヤ交換する場合
は仕事が早く済みます。

とりあえずホイール
キャップを外します

外さないとボルトを緩めることが
出来ません

工具箱の中にたまたまタイヤレバー
があったので思わず使ってしましましたが
通常はマイナスドライバーに
ウエスをあてがえば傷付けずに
外す事が出来ます。次にジャッキ
アップです。車載してある
パンタグラフジャッキを
使う場合はまた別の機会に
記事をあげます
とりあえず今回はガレージ
ジャッキです。
レバーを上下すれば簡単に
車を上げられるアレです



20年くらい前の物です。十分使えます
ガレージジャッキがあっても
ジャッキアップポイント
が分からないと車を壊す事に
なってしましますタイヤ交換の中
でも慎重な作業です
フロントの場合はこちら

DA17Vフロント
ジャッキアップポイント

赤い印の真ん中です。
赤い印はくぼんでいる
のですが画像だと確認
しにくいので印をつけました
メンバーと呼ばれる部分ですココに
ジャッキをかければ間違いない
です。画像では左右しか確認
出来ませんが奥行きも確認します
画像のジャッキの上にゴムが
ありますが、ゴムをあてがう
と傷が付きません、近く
のホームセンターで300円
以内で購入できます。
(追記ですがタイヤ交換中ジャッキが
外れると取返しが付かない事になります。
ジャッキスタンドで支えると安心です。)


フロントをジャッキアップ
したのでフロントから
タイヤ交換をします。


とりあえず一気にインパクトで
緩めて準備しておいたスタッドレス
タイヤを取り付けます。
インパクトは数種類持っているのですが
通常のシングルハンマーインパクト
だと緩まない可能性があります
緩まない場合は車載工具やラチェット
十字レンチなどでタイヤが地面に接地
している状態で緩めて下さい。
タイヤが浮いているとデフで
タイヤが回転してしまい緩みません。






実際取り付けるとわかる事
ですが タイヤをはめナット
を取り付けない状態だと
タイヤが傾いてしまうので
自分の場合は足で押さえます

手で隠れていてわかりませんが
足でタイヤを押さえながら手で
ナットを入れますこの時に
一気にインパクトで入れて
しまうと、ナットが斜め
に入った場合ネジ山を
壊してしまう可能性が
あります。次にインパクト
で一気に締め上げます
この時インパクトの
設定をある程度弱く
します。
(強く締めすぎないように)
そのあとトルクレンチで
締めます。



エブリィの場合19㎜のナットで
締め付けとトルクは取説によると
80N(ニュートン)
恐らく±10Nくらいの許容が
あると思うので85Nで
締めました。kg/fの場合
は9.8を掛けて下さい。
ネットでトルク表を調べる
と出てきます。

DA17Vリアジャッキアップ
ポイント


フロントジャッキアップポイント
説明のように目印は付けません
分かりやすいですからね!
フロントと同じようにタイヤ
交換をして言います。
これで一通りタイヤ交換
は終わりですが念のため
再度タイヤ4本トルクレンチ
で確認します。
最後に空気圧の確認です。
自分はいつも3K入れています
パンパンです!
以上で作業は終わりです。
一通り工具をそろえてしまえば
手間はかかりますが格安で
タイヤ交換ができます。
できればトルクレンチも
そろえておけばハブボルト
をいたわる事も出来ます。
自分はタイヤ交換後少しならしで
走って再度トルクレンチで
確認しています。
くれぐれも安全作業
自己責任でお願いします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA